【コスパ最高】1万円代で買えるお掃除ロボットをレビュー

仕事や育児に追われるシングルマザーは”やらなきゃいけないこと”に忙殺されがちです。(私の場合は家事が嫌いだったりする。笑)


好き嫌いはさておき、家事の負担は出来るだけ減らしたいもの。


そういうことなら、、、



テクノロジーの力を
借りてしまおう!!



ということでお掃除ロボットの導入を決めました。




実際に1年以上使ってみたら掃除がラクになったので、この便利さとコスパの良さを沢山の人に知ってもらいたいと思いメリット・デメリットという形で記事にまとめてみました。


安物買いの銭失いという言葉がありますが、良い意味で裏切られます。


安くて『良い物』は、、、ある!

こんな人に読んでほしい

  • お掃除ロボットの使い勝手を知りたい
  • 少しでも家事の負担を減らしたい
  • 自分の時間を確保したい
  • 2万円以内で買いたい
ひまわり

そもそもお掃除ロボットなんて夢のまた夢〜っていうくらい遠い存在でした。

ですが、あまりのお手頃価格口コミの良さに思い切って購入してみたら『2020年に買って良かったもの堂々No.1』になっちゃいました〜★

目次

『ILIFE アイライフ V3s Pro』のメリット

メリット①良心的な価格

お掃除ロボットの導入にあたって1番気になるのが値段でした。


便利だということは想像がつくけど『そんなに家計に余裕がない』というのが我が家の現実。


お高い買い物は慎重派の私が情報収集して見つけたのが『ILIFE アイライフ V3s Pro』でした。

ひまわり

めっちゃ安い!これなら私でも手が出せる!!

ってことで自分へのご褒美も兼ねての購入となりました。


当時ヤフーショッピングで約2万円。ポイント付いて実質18000円で購入。

2021年10月27日現在、Amazonでは11,900円で販売されています!!

メリット②期待以上の吸引力

サブ的に使えればいいかな〜って程度で吸引力はそれほど期待していませんでした。


初めから期待値が低かったせいかちゃんと吸い取ってくれる様子を見てちょっとした感動すら…笑


ごみくずや髪の毛なんてサササーと吸ってくれます。

ひまわり

女2人暮らしだと髪の毛が気になるのですごい助かる★

メリット③障害物や階段の心配はなし

障害物や階段があってもセンサーがしっかりと働き、減速して方向転換してくれるで安心です。

大きい家具は避けてくれますが、小さめのおもちゃやコードなんかは巻き込んじゃうので注意は必要です。

メリット④パワーがある

我が家にはフローリングマットを敷いている部屋があるのですが、ロボがそこを通ろうとすると巻き込んでしまいめくれ上がるのです。

さすがにつっかえちゃってダメだろうと思っていましたが、ガーガー音を立てて苦戦しながらも最終的には突破しています。(上図、右端の部分めくれてるのわかりますか?)

ひまわり

ちょっとした段差なんかは問題なく乗り越えてくれる★

メリット⑤時間の節約になる

お掃除ロボットを使ってわかった最大のメリットは『時間の節約』です。


ロボが掃除している間にゆっくりするもよし、他の家事をするもよし、仕事に行ってる間にかけておくのもよし。掃除機をかける時間がなくなり日常を効率よく過ごすことができます。

ひまわり

忙しい現代人には神アイテムです!

メリット⑥手入れ・操作方法が簡単

ゴミ受けはロボの上蓋をパカっと開けてフィルターを取り出して捨てるだけ。


操作方法もいたって簡単シンプルでした。←メカが大嫌いな私のお墨付き!笑

①リモコンの電源ボタン(▶︎)を押して起動
②再度同じボタンを押して掃除開始

はい、これだけ!


あとは、掃除が完了したら勝手に充電スペースに戻ってくれるし、途中でやめたかったらホームボタン(家のマークのボタン)を押せばこれまた自動で充電スペースに戻ってくれるという優れ物です。

メリット⑦掃除しにくいベッド下で活躍

ベッド下って掃除が行き届かないから以前はホコリが溜まりがちになってました。かがむのも一苦労だし、、、


そんな手間のかかるベッド下も、お掃除ロボットが来てからはラックラクです。


自分がやることといえば、ベッド下におもちゃが転がってないか確認するだけでOK。

ひまわり

奥の方まで届くようにかがんで掃除機かけるなんて重労働とはおさらばだよ〜★

メリット⑧妙に愛着が湧く

メリットとは少し違うのですが、、、ロボの動きに見入ってしまいます。笑


購入した当初は娘と2人で眺めながら


『ここのゴミ吸ってくれるかな!?』
『あ!もうちょっと左!』
『あ、そっちじゃなーーーい!』


とか言いながらやたら盛り上がってました。


今でもフローリングマットにつかえてウゴウゴしてる時は『頑張れ頑張れー!』って応援したりしています。笑

ひまわり

ILIFE アイライフ V3s Proのメリットは以上です。

1万円とちょっとでこれだけの仕事をしてくれるだなんて、本当に便利な世の中だなぁ〜★

『ILIFE アイライフ V3s Pro』のデメリット

デメリット①床に物を置くのはご法度

これはお掃除ロボット全般に言えることですが床をキレイに保たなくてはいけません。


我が家はかなりの確率で床に物が散乱していました。泣


特に子供のおもちゃ!!!


こうゆうのがあると巻き込んだりしてしまうので床が散らかりがちのご家庭では使い勝手が悪く感じると思います。


乳幼児のいる家庭ではお掃除ロボットの導入は先延ばしにするか、限られた部屋でのみ活用するといいように感じます。充電器などのコードの巻き込みにも注意が必要です!!

ひまわり

『ロボかけられないからちゃんと片付けなくちゃね』と声をかけることで子供が積極的にお片付けをしてくれるようになった!というパターンもあるよ★

デメリット②ぶつかった時の衝撃音が大きい

壁や障害物があればセンサーで察知して回避する機能がありますが、黒いものには反応しづらいため減速なくぶつかります。

家具を傷めるほどではありませんが、パワーがある分ぶつかった時の衝撃音は大きいなと感じます。

デメリット③ゴミを捨てるスパンが早い

普通の掃除機に比べるとゴミ受けは小さいです。


うっかりしているとゴミ受けがパンパンなんてことも…!!

ひまわり

個人的には、掃除機をかける手間が減ったので溜まったゴミを捨てるくらいは全然億劫に感じなくなりました〜★

デメリット④吸引力はあるけど吸い残しはある

お掃除ロボットの動きはランダムなので、ピンポイントで吸ってほしい箇所がある場合は自分で掃除機をかけた方が早かったりします。


あとは、ロボの作りが円形状なので角はどうしても吸い残しがあります。


綺麗好きな方は気になると思います。

ひまわり

私はあまり気にしない方なので許容範囲内でした〜★

まとめ:とにかくコスパ最高なお掃除ロボット

現在我が家には普通の掃除機・スティック掃除機・お掃除ロボットと3つも掃除機がありますが、今ではお掃除ロボットがメイン使いになっています。


理由は、
圧倒的にラクだから


部屋が散らかっている時や部分的に掃除機を使いたい時だけサブで他の掃除機を使っている感じです。


ハイスペックな機能は付いておらず最低限の機能ですが、2万円以内でこれだけ働いてくれるのであれば大満足。


今ではこのスタイルが当たり前ですが、当初はお掃除ロボットの快適さにすごく感動してました。


なんせママは自分時間を捻出するのがめちゃめちゃ大変ですからねぇ…ぴえん


という事で今回は2万円以内で購入可能な、

・家事の負担が減り
・自分時間が増やせる



ハイパーコスパ商品『ILIFE アイライフ V3s Pro』のご紹介でした!

ひまわり

私のような出来るだけ家事をしたくないズボラさんは要チェックでーす★

 

 

 

 

この記事いいねと思った方
\クリックしてくれると励みになります/
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

auスマートパスプレミアムを利用するとキッザニアの入場料を最大6000円OFFにできます!(2022年6月まで)

>>キッザニアの入場料を1人1000円OFFにするお得ワザ

コメント

コメントする

目次
閉じる